FC2ブログ
プロフィール
BLOG start:2005.7.4

高三の息子とすっかり「どうで症」。
ジジババ・旦那とユルユルな毎日。
姉妹の真ん中で要領バッチリ♪

ぶーびー

管理人 : ぶーびー

 
メール
メールはこちらへ♪

icon_mail33.gif

 
最近の記事
 
最近のコメント
 
最近のトラックバック
 
月別アーカイブ
 
QRコード
QRコード
 
ぶーびーショップ
ポチッとな♪

アマゾンショップ butatane.gif


butatane.gif

 
ブロとも申請フォーム
レスが遅れておりますが、ご了承ください。

土曜日、富山の姉夫婦が富山・新潟で調達してくれ、山形の実家からの食材も合わせて車で運んできてくれました。貴重なガソリンを使って来てくれてありがとう(泣)
電気は来ているので、冷蔵庫は使えます。
肉類は小分けして冷凍し、豆腐の味噌汁・牛乳・卵は10日ぶりに食べました。カップラーメンやインスタントラーメンを箱で買ってきてくれ、卓上コンロ用ボンベも沢山、野菜類も沢山買ってきてくれました。
ガソリンもわけてくれました。本当に助かりました。
今日も、スーパーや灯油を買う人は長蛇の列です。会社が稼働し始めたので、会社に行くようになったら買い出しに行けないので、しばらく買い物しなくても十分持ちます。

今日は、お彼岸ということもあり、お墓の様子を見に行くついでに、海寄りの東六郷近辺を見てきました。
うちのお墓は無事で、なんともありませんでしたが、他のお墓は倒れていたり、崩れていたりしていました。
東六郷地区の写真を撮ってきました。

B_20110321102400.jpg   C_20110321102400.jpg

今まであった集落が、ほとんど跡形もなくなっておりました。
車の上に車があったり、上の中に車が突っ込んでいたり・・・

E_20110321102400.jpg   F_20110321102400.jpg

いつもスズメ踊りの練習に使っていた東六郷のコミュニティセンターです。
壁の線が分かります? 水がこの高さまで来たようです。
先に見える防風林が、あの津波でやられた荒浜の防風林です。
今まで、あんな先まで見えなかったのに・・・
何もかもなくなってしまいました。

G.jpg   H.jpg

有料道路です。
これのおかげで、こちらまで津波が来なかったみたいです。
ここで、堰き止めてくれたんですね。

D_20110321102400.jpg

有料道路から六郷に入ったところです。
田んぼは、ほとんど流されてきた流木・がれきでいっぱいです。

I.jpg   A_20110321102400.jpg

もう少し・・・頑張ろう。
きっと良くなってくるよ。
スポンサーサイト
2011/03/21(月) 11:00 | コメント:3 | トラックバック:0 |
やっと電気が通り、ネットが使えるようになったので・・・

11日…15時前、会社で仕事をしていたら、グラグラと揺れた。
「地震?」
皆で動きを止め様子を見る。
ゴゴゴ・・・・・
地鳴りと同時に大きく揺れ始める。「これはヤバいかも!」と、急いで事務所の方に走りだす。
すぐに、もっと揺れがひどくなり、立っていられなくなる。机が左右に揺れ、どこにもつかまっていられない。
古い会社なので、天井から崩れてくる可能性もあるので、急いでスリッパのまま外の駐車場に出る。
皆も飛び出してきた。
立っていられない。駐車場の車が、前後に揺れ、前に1メートルくらい進む。
会社の窓ガラス・隣の会社の工場の窓ガラスがものすごい勢いで砕け散る。
皆で丸くなって、駐車場の真ん中でしゃがみこむ。
止まったかと思うと、すぐにまた揺れだす。
「夢でも見てる? こんなのってあり得る?」
すぐに息子や旦那に電話してもつながらない。災害用伝言版がトップに出たので、旦那と息子にメッセージを送る。何度か揺れた後、社長が車で戻ってきた。
「営業には連絡が取れないけど、張り紙して、とりあえず皆、一旦帰れ。自宅と携帯の連絡先教えるから、何かあったら・・・」
皆、急いで車で家に向かう。
私も、車に乗って家に向かう。信号はついていない。道路も渋滞している。
譲り合いながら、いつもの田んぼ道を走る。
マンホールのフタの部分と道路が、50センチほど段差ができている。両側の電柱が全部傾いている。道路は、もう地割れができていて、地割れをゆっくりとまたいで走る。余震が続く中、必死で家に向かう。
家の前まで来たら、ジジとババと近所の人がいた。息子は、スーパーのバイト先に行ってすぐに地震にあい、客を逃がしてすぐに戻ってきたという。店員の中に、遠くから来ているおばちゃんがいて、家に戻る手段がないという。息子は家まで徒歩15分くらいなので、自分の自転車を貸して、走って帰ってきたそうだ。

地震が落ちついてきたので、家の中の掃除を始めた。
戸棚の中のコップ類が全部落ちてきて、粉々になっている。セトモノ類はあまり被害なし。テレビも前に倒れただけで、外傷なし。タンス類も、突っ張り棒していたので、全部のタンスが無傷。本棚の本が散乱するくらい。
台所の醤油などが床一面に広がっている。
ハッと気づき、息子に叫ぶ。
「コンビニに走れ! 食糧買ってきて!」
息子は意図することがすぐに理解したようで、すぐに近くのコンビニに走り出す。
余震が続く・・・雪も降ってきた。息子を外に出したのは間違いだったかな・・・
しばらくして、息子は袋二つを手にして、雪だるまのようになって戻ってきた。
皆、考えることが一緒だったらしく、後から後から人が押し寄せてきたようだ。
息子は、食パン3袋・カップラーメン・菓子パンなどを買ってきてくれた。本当によく機転がきく子だ。

連絡がなかなかつかない旦那が、夕方やっと帰ってきた。
1時間もかからない道のりを、3時間以上かけて帰ってきたそうだ。
何とか水道は出るが、ガスと電気がつかない。
前日にガスコンロのボンベを3本買っていたので、助かった。電池でつくキャンプ用のランプもある。
息子がバイトに行くときに・・・と買っておいたカイロが大箱で1つある。
夕方、暗くなり始めたので皆で厚着しジャンパーを着て、靴下を2枚履き、寒い中息子が買ってきたカップラーメンを食べた。電池がもったいないので、7時過ぎには布団に入る。心配なので、服は着たまま。ラジオも付けっぱなし。扉も開けたまま。皆、部屋の中はそれほど被害はなかったので、ベットで寝れる。
余震が何度も来る。10回以上は来ているんじゃないかな? 怖くて、なかなか寝れない。それでも朝は来る・・・

12日・・・ラジオで近くの荒浜が全滅で、道路に100体以上の遺体があるという。すぐ近くまで津波が来ていたんだ・・・
携帯の充電がきれる。車のガソリンは、前日に入れておいたので、車で息子・ババの携帯も充電。
自転車で動き回り、様子を見て歩く。どこの店も人の行列。コンロ用のボンベが足りないので、ホームセンターに並ぶ。道路1ブロックは人が並んでいるだろう。2時間以上並び、ボンベは売り切れ。カップラーメン5個と乾電池、トイレットペーパーを買う。
息子は今日から、バイト先のスーパーの手伝いに行っている。被災者へ店内から出せる商品を出して販売するそうだ。半日以上ボランティアで手伝いし、帰りに炊き出しをごちそうになり、自分でボンベを見つけ、1つ買ってきたそうだ。食料品もいくつかゲットしてきた。本当に頼りになる。

13日・・・車であたりを散策し、カマボコ屋の店頭で冷蔵庫に残っていたというカマボコ類をゲット。今日も息子はバイトの手伝い。帰りに食糧をもらってきたらしい。
夜、富山にいる姉の旦那が、富山から物資を調達してわざわざ山形経由で来てくれた。義兄の両親も仙台にいるから、心配で来たという。
街頭もない中、私の実家の山形両親から預かってきたものも含め、ボンベ・電池・携帯用充電器・ストーブ・灯油・缶詰類・トイレットペーパー・ティッシュペーパー・キャンプ用ランタンとバーナー・燃料・・・・
本当に助かった。ガスの復旧は1ヶ月以上かかるといわれている中、ボンベがあと2本しかなかった。ストーブも、暖をとってお湯が一緒に沸かせる。

14日・・・朝8時。会社に顔を出すついでに、途中のスーパーに並ぶ。1時間以上並びオレンジ・ナス・トマト・ジャガイモ・玉葱・スパゲッティー・ミートソース・缶詰類をゲット。
会社に行くと、男性数名が来て、片づけは終わったが電気が通らないとだめだという。今日も息子は手伝いです。旦那は次の日から会社に行ってます。多賀城の人が家を流されららしく、うちにあったキャンプ用の寝袋・キッチンセットなど一式寄付する。会社が支援物資供給の拠点とする話が出ているらしい。
旦那と息子と3人、洗面所でほとんど水にお湯を少しずつ使い、頭を洗う。

15日・・・朝早く、電気が通った。とりあえず、コップのガラスが散乱しているので、部屋中掃除機をかける。
洗濯機を回す。3日位、同じものを着ているからなぁ~。
会社の様子を見に行く途中、またスーパーにより、1時間以上並びお茶とおつまみ用ナッツ類をゲット。そういうものしかなくなってきたらしい。会社はまだ電気が通らないけど、従業員全員無事だったという家を流された人、車が流された人もいるらしい。ガソリンがなく、会社にも来れないらしい。
続きを読む »
2011/03/16(水) 15:12 | コメント:5 | トラックバック:0 |
津波は、ニキロ先まで来ましたが、何とか生きております。
家族全員、無事です。

荒浜のすぐ近くなので、大きな余震がくれば、一波で障害物が無くなったこの辺も危ないです。地震警告や揺れるたび、ラジオの避難命令に神経質なほど、敏感になってる。

毎日、食料調達に何時間もならんでます。
ライフラインも、水道以外はストップです。
でも、家を無くした人も、家族を亡くした人も沢山いる。まだ、私はいいほうだ。
何とか生き延びます。なんとしても、家族は守ります。頑張るよ。
2011/03/14(月) 14:33 | コメント:3 | トラックバック:0 |
カウンター
2005.9.22~
 
ブログ内検索
 
お気に入り